オリンピックについてTwitterで見てみました

2014/03/03 企画・営業リーダーのコラム

大変ごぶさたしております。数年ぶりに更新してみました。
出来る範囲で、今後は更新するつもりですので、お暇なときにでもご覧ください。
今回は、Twitterの日本語全量データを持っている強みを生かして、オリンピックについて少し調査してみましたので紹介いたします。

まずは、「東京オリンピック決定!!」良かったですね~。私も、決定の瞬間をテレビで見て興奮しました!
そこで、Twitterで「オリンピック」とツイートした方がどのくらいいたのか見てみました。
(※下図は、決定した日に「オリンピック」(「五輪」含む)と日本語でツイートされた時間別の件数)

東京でのオリンピックが決定した日に「オリンピック」(「五輪」含む)と日本語でツイートされた時間別の件数

決定の瞬間が朝の5時台にもかかわらず、30万件以上ツイートされていたのを見ると、かなりの方がリアルタイムにご覧になっていたことが分かります。
次に、上記のツイートの中でGPSがついているものを、地図にマッピングしてみました。

日本語で「オリンピック」とツイート(国内)

日本各地でツイートされているのが分かり、どの地域でも盛り上がっていたのだなーと一体感を感じました。
さらに、スケールを大きくして世界地図にマッピングしてみました。

日本語で「オリンピック」とツイート(全世界)

驚いたのですが、日本語で「オリンピック」とツイートされているかたが、世界の広い範囲で見られました。これが世界規模のイベントのインパクトなのだなーと感心させられました。
また、アフリカや南アメリカなどでも数は少ないですが日本語でツイートされていることにも驚きました。

ノッテきたので、先日閉幕したソチオリンピックについても少しだけ見てみましたので、簡単にご紹介します。

「どの選手を調べたいですか?」

「羽生さん」って声が多そうな気がしますので、金メダルを決めたときの「羽生さん」関連のキーワードでツイート件数を見てみました。

上記の図は分単位なのですが、瞬間最高で5万ツイートを超えていまして、他の選手と比較しても圧倒的に多い結果となりました。
これ以上の深堀は、私のグループにいる熱狂的な羽生ファンの女子社員に譲っておこうかと思います(笑)。そのうち、別途みなさんにご報告すると思います。

それでは、長年応援している&私も見ながら一緒に号泣した「浅田真央さん」についても見てみたいと思います(笑)。

今回、何回かもらい泣きしました。。。次晴さんにまで、ついつい。。。(笑)

下図は、浅田真央さんがフリーを滑ったときのツイートの推移となります。

浅田真央さんがフリーを滑ったときのツイートの推移

瞬間最高では羽生さんには遠く及びませんが、断続的に安定してツイートが発生していることが分かります。
それぞれ二人の当日の総ツイート件数を比較してみましたが、
羽生結弦さん=約110万件
浅田真央さん=約80万件

と、少しだけ浅田真央さんの方が少ない結果となりました。

最後に、浅田真央さんが演技した午前1時台の上記ツイートの中でどんな言葉が一緒に出現していたかをランキング形式でまとめてみましたのでご紹介します。

1位 良い
2位 演技
3位 フリー
4位 凄い
5位 感動
6位 日本
7位 素晴らしい
8位 笑顔
9位 3回転
10位 全て成功

このランキングも見ても分かるように、「良い」「凄い」「感動」「素晴らしい」などの声が多く見られており、ご覧になっていた方の多くが感動したことが分かります。

私も、頂いた「感動」に恩返しできるように、
きたる東京オリンピックに向け、ソーシャルメディアの情報を使っていかに大会に貢献できるかということを真剣に考えていきたいと思います!!

Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  del.icio.us  newsing