はじめまして

2009/11/19 徒然に思う所

 高田と申します、初めまして。

以前の所属ではメディア業界全般における
ビジネス検討/営業を担当しておりましたが、

CGM台頭の潮流からバイラルマーケティングの可能性、
はたまた広告/SP(Sales Promotion)の在り方に惹かれ、

そのビジネス実現の場の1つと考えて
2007年度からなずき推進担当に在籍しております。
宜しくお願い致します。

という事からバズだとかマーケティングだとかの観点で
徒然なる物書きでもしようかと思いましたが…、

そういった分野は私よりも他メンバの方がよっぽど専門的でもありますので、
マスメディア、中でも放送/新聞といった「メディア」に絡む話について
触れて行くというと偉そうですが、考えてみようかと思います。

そもそもこの業界は
「既得権の上にアグラを書いたインテリヤクザ体質」だとか
「廃れ行く巨大斜陽業界」、「マスゴミ」だとか言われたい放題の昨今であり、

メディア/マーケティング業界においても

・ 湯川鶴章さん/青木日照さんの「ネットは新聞を殺すのか」(2003/9月)
・ 歌川令三さんの「新聞がなくなる日」(2005/9月)
・ 織田浩一さんが訳して業界的を騒がせた「テレビCM崩壊」(2006/7月)

といった書籍が持て囃された(?)のも記憶に新しいかと思います。

が、そもそもバイラル/話題のソースとなる物は何か、を考えてみると、

SPを仕掛けた結果として出てくる物や
日常の何気ない記しに反応するといった事は勿論あるものの、

実はテレビ/新聞/雑誌が発した物が根幹になっている事が多々あるかと思います。
という点だけから導かれる話では勿論ないですが、

ネットで何でも情報が揃ってしまうと言いつつも
ナンだカンだと言ってもテレビ/新聞といったメディアは
今の世の中においても(当たり前ですが)影響力/価値ある重要なモノであるワケです。

じゃぁその価値に対して支払われるべき対価は?
或いはそもそものメディアの在り方というかビジネスはどうなるのか?

その辺りを、その時々のタイムリーな話題と共に
少々考えてみようかと思います。

本当に徒然なる思いつきになる可能性がありますが、宜しくお願い致します。
(方々からお叱りを頂きそうな予感…?)

Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  del.icio.us  newsing